妊娠したらやるべき事|産婦人科選び,お金,産休,退職・・・

妊娠発覚後に加入できる(入れる)医療保険・医療特約・生命保険とは?

出産時にどうして医療保険が必要なの?

帝王切開の手術をしなければならなかったり、子宮外妊娠などのリスクがあるからです。特に高齢出産や双子が生まれる際などには手術をする確立も高くなりがちです。帝王切開の割合は20%といわれているので、かなりの確立です。帝王切開の場合は医療保険の給付対象になっていることが通常ですので、妊娠する前(結婚したら)に女性は医療保険に入っておく事をおすすめします。(その他、流産、妊娠中毒症、羊水過多症などの場合にも備えておく必要があります。)

妊娠が分かってから医療保険に入れるの?

ただ、妊娠してから医療保険の必要性に気づく方もいるでしょう。その場合は医療保険に入れるのでしょうか?多くの医療保険は、通常は医療保険に入れなかったり、加入できてもその時にお腹にいる子供を生む際には、その医療保険は効果を発揮しないということです。つまり、出産のリスクについてはカバーできません。医療特約についても同様の取り扱いが多いです。 (無事出産できて、第二子が生まれる際には、第一子のときに入った医療保険は適用になりますので、帝王切開や子宮外妊娠についてもカバーすることができます。)

【★知らないと後悔する】妊娠発覚後でも今医療保険に入るべき理由、→詳しくはこちら

妊娠発覚後に入れ、かつ今回の出産でも給付対象となる医療保険とは?

ただ、一部の医療保険では、妊娠数ヶ月以内までなら加入することが可能、などの対応をしているところもあります。妊娠中期妊娠後期になれば、これらの医療保険加入できなくなりますので、妊娠初期の段階で早めに資料請求問い合わせをして加入することが必要です。

色々あって分からない時は、最近は便利なサービスがたくさんあります。Webから資料請求はもとより、対面式の無料相談も意外と便利。ふんだんに利用してみて下さい。

※ もちろん、妊娠初期であり、かつ健康な状態である事が医療保険に加入できる条件にはなります。また、妊娠・出産による合併症や部位不担保になる契約もあり ますので、事前にチェックが必要です。 ※妊娠が分かってからの医療保険加入には、妊娠中かどうかを聞かれるチェック項目がありますので、出産の時になにかあっても、時期的に虚偽の申請は見つか る可能性が高いので隠さず申告しましょう。 また、

  • 損保ジャパンひまわり生命新妊産婦保険
  • ABC少額短期保険株式会社『Very Berry(ベリー・ベリー)』

と いう妊婦・出産用の医療保険もあります(妊娠・分娩の合併症による入院や手術に備えられます)。割高にはなり一定期間のみですが、妊娠や出産の時だけ医療 保険を厚くしたいという方にはもってこいではないでしょうか。もちろん、妊娠中の体調、経過に問題が無い事が条件です。

  • オリックス生命保険のCURE Lady(キュアレディ/キュア・レディ)
  • アフラックのLady’s新EVER(レディース新エバー)
  • 三井住友海上きらめき生命保険のメディカルレディース

など、特に女性向け医療保険(女性の疾患に特化した保障内容のあるもの)については、妊娠発覚後医療保険加入が 認められないケースが多いようです。ただ、これら女性向け医療保険は、女性に特有の病気・疾患になったときに、通常の医療保険よりも手厚い給付が受けられ る程度のことがおおく、通常の医療保険で妊娠中の病気・疾患(帝王切開の手術も含む)にもしっかり対応しているので、よほど心当たりがある・心配出ない場 合は、特に女性向けの医療保険に加入する必要も無いかもしれません。 保険は一人で悩まずに、プロに相談するのが一番早いと思います。おススメなのが、全国の大手ショッピングセンターなどにお店を構える「ほけんの窓口」など を利用することです。沢山の医療保険の中から中立的な立場で保険を提案してもらえますし、ちゃんと顔を合わせて相談が出来るので安心です。もちろん相談は 無料です。

今入らなくても大丈夫??

もし、出産時に帝王切開などの手術をした場合には、出産後数年間は医療保険には入れなかったりするので、妊娠前から医療保険に入っておく事がベストです。ただ、妊娠発覚後でも、第2子移行の出産の際に医療保険の給付対象になることや、妊娠中に何か大きな病気・疾患にかかれば、その後に入れる医療保険がかなり限られる・割高になる事を考えると、妊娠発覚以降でも、今のうちに入れる医療保険に加入おくことをおススメします。

色々あって分からない時は、最近は便利なサービスがたくさんあります。Webから資料請求はもとより、対面式の無料相談も意外と便利。ふんだんに利用してみて下さい。

Return Top