妊娠したらやるべき事|産婦人科選び,お金,産休,退職・・・

妊娠する前にしておくべきこと(体験談6)生命保険に入っておく、引っ越し、料理

“ 普段は健康でも、女性は妊娠、出産でどんなことが起こるかわかりません。
私は、子宮筋腫が妊娠によって大きくなり、摘出手術で大出血を起こし、2か月入院するはめになりました。生命保険に入っておけば、医療費が随分助かったのになぁと思いましたが、後の祭り・・・。生命保険の外交員さんに聞くと、「結婚したら加入しとかないと」とのことでした。

出産後、子育てには体力が必要です。なるべく体は鍛えておいた方が良いと思いました。出来ることなら30歳までの若いうちに出産したいものです。夜中の授乳や、子どもの病気、そのうえ仕事を持っていると、体力がないと、参ってしまいます。私は30歳を過ぎてから二人出産したので、後が大変でした。何とか主人の協力で乗り切りました。

妊娠したら、制限されることがたくさんあります。食事は塩辛い物、刺激の強い物などは避けなければなりません。普段から、薄味の食事に慣れておいた方が良いと思います。濃い味に慣れていると、そういった物が食べられないのが大変辛かったです。

妊娠後、適度な運動は必要です。庭の草引きや、掃除洗濯など、普段の家事はしなければなりません。しかし、引越しの予定がある方は、妊娠するまでに済ませておくべきだと思います。引っ越しには荷物の整理など、どうしても無理をすることが多いので、妊娠中はあまりお勧め出来ません。住まいが手狭だと思ったら、妊娠するまでに引っ越ししましょう。私は、妊娠するまでに、ちょっと広めの家に引っ越したので、しかも保育園の近くだったので、便利しました。

妊娠・出産で、子ども中心の生活になります。家の用事を夫が出来たら大変助かります。結婚したら、家事は分担し、妻が出来なくても、夫が代われるように、練習してもらいましょう。因みにうちの主人は料理が得意なので、大変重宝しました。”

Return Top