妊娠したらやるべき事|産婦人科選び,お金,産休,退職・・・

妊娠中にしておいたほうが良いこと(体験談)

“妊娠しているときは、意外に動けるのだというのをなかなか妊娠中は理解できないのだけれど、出産すると痛感するので、動けることは動いておくことが大事だと思います。

Search.

美容院に行く。出産までの間で自分の体調と相談して、なるべく出産直前に行くのがいいと思う。出産して子供が生まれた後は、しばらくはすべて赤ちゃんが中心の世界になり、出掛けることもままならなくなるので、美容院などは必ずいっておくのがいいと思う。
どうように、夫との時間は減ってしまいます。出掛けるのにも制限がつくし、外食などはできなくなってしまいます。妊婦の時には体調で外食の気分が生まれないこともあるけれど、体調のいい日を見計らって、なるべく夫婦の時間を大切にして、映画を見に行く、ドライブに行く、外食をするなどのデートをたくさんする方がいいと思います。
妊娠中に夫に生活の協力をたくさんしてもらう方がいいと思う。お腹が大きくなりお風呂の掃除や布団の上げ下ろしのようなものを手伝ってもらっているのだったら、産後も手伝ってもらえると思うので、妊娠したら、日常の生活の作業の分担や簡単なことは自分でできるようにしてもらえる努力をしてもらうことが大切。赤ちゃんによっては手がかかり、夜は寝られる昼間も抱っこしていないと泣いてしまう子だと、掃除洗濯など全くできない生活がしばらく続くので、夫の教育は、絶対に必要になります。
産後は自分の時間が皆無になるので、赤ちゃんのためにしたいことは、妊婦時代に調べておくのがいい、ベビーマッサージはどこでやっているのか、市町村で行われているベビー講座はどんな感じでやっているのか、サイトを見つけたらお気に入りに入れておくなど、準備をしておくのがいいと思う。”
個人的な後悔としては、かなり体力を使うことなので、運動をもっとしておくべきだったと思います。出産、産後にも関わってくるので、体力作りは、やはり大切です。また妊娠中、かなり虫歯に悩みました。元々歯が弱いのですが、つわりによる歯磨きの手抜きと妊娠そのものにより、加速しました。歯を強くしておく方法があれば、やっておけばよかったと思いますし、更に言えば、若い時に歯科矯正をするべきだったとも思いました。”

Return Top