妊娠したらやるべき事|産婦人科選び,お金,産休,退職・・・

妊娠したら持病で飲んでいる薬は止めるべきか?

お薬にもよると思いますが、子供がほしい事や、妊娠発覚したら直ぐに主治医や周りのサポートを得られるように、日ごろから環境を整えておくことも大事なようです。

緑のお薬

“ 個人的に持病があるので、その件で、そもそも妊娠、出産は可能なのか、と妊娠希望である、ということを、主治医に伝えておいたのは、良かったです。
また主治医の紹介で、あらかじめ産科の先生にも会って話をしていたので、妊娠した際に、スムーズに産科医にかかることが出来たうえ、色々と妊娠中にご配慮を頂けたので、やはり、特別な事情がある場合は、極力、周囲と相談して、サポート体制を作っておくことが大事だと思います。
また持病については、妊娠したら、すぐ減薬、薬を切り替えるとのことで、妊娠発覚後、すぐに病院から、持病のかかりつけ医に電話をして、家族にその日のうちに、切り替える薬をもらってきてもらいました。
おかげで、投薬による心配は、人並みになり、良かったです。それも含め、人のサポート体制を玄人、素人ともに、作っておいたのは大変助かりました。”

妊娠中に飲むと副作用などが危険(飲んではいけない)薬の一覧(ご参考まで)サイト

http://mamach.jp/okusuri.html

(何時から飲んではいけなないかなど、胎児・乳児への影響を考慮し、服薬は医師や薬剤師に相談しましょう)

Return Top