妊娠したらやるべき事|産婦人科選び,お金,産休,退職・・・

妊娠・出産・育児でもらえるお金(助成金/社会保険/保障)って?

———————————

初めての出産でかかるお金とは?

———————————

One Dollar
Creative Commons License photo credit: rychlepozicky.com
①分娩費として40万~60万円(病院により)
②マタニティ服や子育て関連の書籍代など数万円~10万円
③ベビー服やベビーカー等、産まれてくる子供の為の用品5万~10万円
④その他、マタニティヨガ教室や水泳教室、帰省代、内祝い費用など5~10万円
⑤妊婦検診費:また、妊娠中の妊婦検診も、100%が自治体が負担してくれるわけではなく、また無料券も回数が限られていたり、退治の超音波検診やカラー写真を撮る場合は、別途各自で負担が必要だったりします。

合計、50万円~100万円は掛かると思って考えておく必要がありそうです。

———————————

妊娠・出産・育児でもらえるお金・必要な手続きとは?

———————————

出産を機に仕事をやめるか、もしくはもともと専用主婦かによって、もらえるお金や手続きが違います。

■仕事を続けるママ(会社を辞めないママ)

出産育児一時金 (勤務先、健康保険組合で確認、役所で申請)
乳幼児医療費助成 (役所で申請)
子供手当て (役所で申請)
出産手当金 (勤務先で申請)
育児休業給付金 (勤務先で申請)
医療費控除 (確定申告で申請)
その他、公的サポート

■仕事を辞めるママ(会社を辞めるママ)

出産育児一時金 (勤務先、健康保険組合で確認、役所で申請)
乳幼児医療費助成 (役所で申請)
子供手当て
失業給付受給期間の延長 (ハローワークで申請)
医療費控除
その他、公的サポート

■専業主婦のママ

出産育児一時金
乳幼児医療費助成
子供手当て
医療費控除
その他、公的サポート

■その他

切迫流産等で手術が必要となり、月額約9万円程度以上の医療費が掛かった場合などは、高額医療費制度により、支払った医療費が帰ってきたりします。

また、医療費控除は年間10万円以上の医療費が掛かった場合は、年度末の確定申告で申請することで、税金が帰ってくる制度ですので、医療費はもとより、タクシー代、電車代など、領収書は全て残しておきましょう。

———————————

それぞれの内容は?

———————————

■妊婦検診費

自治体によって、妊婦検診の無料券を配布してくれますが、その助成の内容や回数はまちまちです。超音波検診も含まれている場合や含まれてない場合もあります。ただ、分娩は帰省先でという方も多いと思いますが、途中から妊婦検診の病院を変える場合は、それぞれの自治体に申請することで、のこりの無料券を移行できることが多いようです。

■出産育児一時金

基本は42万円ですが、加入している健康保険組合によってはプラスで10万円~20万円つくこともある。大手企業に勤めている場合は、旦那さんの健康保険組合からもらう場合は、要確認です。

■乳幼児医療費助成

子供の医療費を控除してくれる制度。住んでいる地域の自治体によって、全額負担から数%負担までさまざま。東京都などは全額負担の区が多く、恵まれているので市区町役で要確認です。

Return Top